Reactを本番投入した時にこれ便利みたいなのをまとめてみる。

react-checkbox-group

思いのほか、複数選択のチェックボックスの値をイベントごとに取得してくるというのがめんどくさい、これを使えば一度にチェックボックスで選択されている値を取ってくることができる。

https://github.com/ziad-saab/react-checkbox-group

react-templates

JSXを vue.js ライクに書くことができそうなライブラリ、個人的にはvue.jsの不自由な書き方でループとかしないといけないので辛さを感じるので使わなかったけど好みの問題かも

https://github.com/wix/react-templates

bundle exec rails s 

こうなる

Usage: rails COMMAND [ARGS]

The most common rails commands are:
 generate    Generate new code (short-cut alias: "g")
 console     Start the Rails console (short-cut alias: "c")
 server      Start the Rails server (short-cut alias: "s")
 dbconsole   Start a console for the database specified in config/database.yml
             (short-cut alias: "db")
 new         Create a new Rails application. "rails new my_app" creates a
             new application called MyApp in "./my_app"

In addition to those, there are:
 application  Generate the Rails application code
 destroy      Undo code generated with "generate" (short-cut alias: "d")
 plugin new   Generates skeleton for developing a Rails plugin
 runner       Run a piece of code in the application environment (short-cut alias: "r")

All commands can be run with -h (or --help) for more information.

次のようにする。

bundle exec rake rails:update:bin

これで bin/ 配下のファイルが更新される

gitからpatch形式で差分を出力して

git diff --no-prefix > a.patch

適用したい環境で patch コマンドを実行する

patch -p0 < a.patch

これだけでーす。

グランポレール ケルナー辛口

http://s.tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13155672/

memcache 全キャッシュキーを取得したいとき

for a in `echo 'stats items' | nc example.com 11211 | cut -f 2 -d ':' | uniq`; do echo "stats cachedump $a 100000" | nc example.com 11211;  done

ラジオ(radio) ボタンにチェックが入っているかをテストする、よくわからなくなるので覚書として描いておきます。

最初のラジオボタンが選択されていること ただ、最初のラジオボタンが選択されていることだけ検証してもしょうがない

expect(first('input[type=radio]')).to be_checked

'Credit Card'という文言のラベルが書かれたラジオボタンにチェックが入っていること チェックボックスに付けられたラベルで検証できるので順番は関係ない

expect(page.has_checked_field?('Credit Card')).to be_true

inputにフォーカスさせたい

execute_script("$('#search_word').focus()")

参考

Railsでspecを流してみたら、なぜだが標準出力にSQLなどが出力されるようになってた上に、log/配下に何も出力されなくてかなりハマった.

herokuにデプロイするときに、くわえていた rails_12factorproduction 限定にしていなかったのがよくなかったみたい。

たったそれだけのことだった。

 gem 'rails_12factor', group: :producdtion

https://github.com/heroku/rails_12factor

追記: 2016/03/06

ここにも困っている人がいた

http://ja.stackoverflow.com/questions/9597/%E6%9C%AC%E7%95%AA%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%AEproduction-log%E3%81%AB%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%81%8C%E5%87%BA%E5%8A%9B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84

とりえあえず、CoreOSを立ち上げるまで

brew cask install vagrant
ghq get  https://github.com/coreos/coreos-vagrant/
cd coreos-vagrant
git co -b spike
vagrant up

直前のwindowに移動

再度、実行すると直前にいたwindowに交互に移動することができる

直前のWindowへ移動 : Ctrl+w p

brew uninstall gnuplot brew cask install xquartz brew install gnuplot --with-x11

よく忘れるので gnuplotについてメモ 3次元のグラフを表示してみる

# x y z
11 11 11
21 21 21
31 31 31
41 41 41
51 51 51
61 61 61
71 71 71
81 81 81
type set to 'aqua'
set dgrid3d 100,100
set hidden3d
splot 'h' using 1:2:3 with line
Recent Entries